外見と中身の関係


男は見た目より中身が大事?

「男は外見より中身だよ」と言う言葉を、昔よく耳にしました。

最近では、「人は見た目が9割」や「第一印象は○秒で決まる」などと、外見を重視した言われ方をしています。

上記の事は、どちらが正しいとか間違ってるとかではなく、語る人の価値観の違いの様にも思います。

外見や中身について、私の考えを述べさせていただけるのであれば、「外見」だの「中身」だのを分けて考えるのがナンセンスだと思います。そもそも「外見」と「中身」の間に境界線はないと思っています。

中には、外見は「見た目」で、中身は、目に見えない部分「性格」の事であると、思う人もいるかもしれません。そういう考え方も出来きます。

ただ、目に見えない部分の「性格」は、「見た目」に現れるのです。そういう意味で、「外見」と「中身」は、「表裏一体」と言えます。

例えば、顔つきや顔の表情は、その人の「性格」を表しています。またその逆で、その人の性格や、考え方は、服装や、清潔感に現れたりします。

人はアウトプットされたものでしか、その人を判断できない

阿吽の呼吸や、心が通じると言った事はあるかもしれませんが、我々エスパー(テレパシー)でも無い限り、他人の心の中や本当に思っている事を見ることは出来ません。

全ては、その人の発する言葉や話の内容、声のトーン、顔の表情等で判断するしかないのです。

ある人がこんな面白い事を言っていました。

「外見は、一番外側の中身」

ここで言う外見とは、単なる容姿、見た目だけでなく、言動、立ち振る舞いも含まれると思います。

このテーマのまとめとして、「外見」と「中身」を分けて考えることはあまり意味が無く、「外見」と「中身」は互いに影響を及ぼし合います。

その為、恋愛にしても、仕事にしても、何をするにしても、どちらもバランス良く磨いていく事が最も効果的だと思います。

スポンサードリンク




この記事を読んだ方はこの記事も読まれています