とにかく回数をこなす


アプローチする回数を増やして、確率の低さを挽回する

「モテる男の恋愛術」のモテる男の定義は、「アプローチした女性を高確率で彼女に出来る男」です。

この定義に当てはめると、この確率が高い男が「モテ度」の高い男と言えます。

「外見・容姿にコンプレックスがある男の恋愛論」では、外見にフォーカスを当てて恋愛論を考えてきました。外見は恋愛に大きな影響を与えますが、決してすべてではなく、影響を与える要素の一部でしかありません。

その為「モテ度」は、外見だけでなく、総合力で決まります。

外見を含めた「モテ度」が自分自身で低いと感じていて、もっとモテたいと思ってるのであれば、「モテ度」を磨く必要があります。

ただ、「モテ度」はすぐに向上できる部分もありますが、基本時間のかかるものです。

今の「モテ度」でも、彼女を作りたいと思っている場合は、とにかく「アプローチする回数」を増やす事です。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」と言うことわざもありますが、確率が低ければ、分母を上げて期待値を上げればいいのです。

「モテ度」の低い人が、「モテ度」の高い人より行動してなくて、どこで勝る事ができるでしょうか。

世間的に、外見が良くない人が「モテない=彼女が出来ない」と思われているのは、基本的な「モテ度」が低いと言うよりも、「行動を起こしていない」事が大きいと言うのは、「恋愛における外見・容姿の重要度」でも述べました。

ガツガツしている男はモテない?

よく、「ガツガツしている男はモテない」と耳にする事があります。だけど、モテない人からしてみれば「モテないからガツガツしている」とも言えます。

これは、積極的にアプローチをしようと思っている人からしたら頭の痛い問題です。

モテないから、モテる人よりも積極的に行動したら、それが余計にモテなくなってしまう。まさに「ジレンマ」です。

「がつがつ」の意味を辞書で調べたら「欲望を持って何かを欲しがるさま、執着心が強い」と言う意味があります。

次に、「がつがつ」と意味の似ている「積極的」の意味を辞書で調べたら「進んで働きかけること。意欲的に行動すること。」と言う意味があります。

辞書の意味を考慮して、私なりに解釈すると、欲望の強さが 「積極的」 < 「がつがつ」とあらわす事が出来ます。

要するに、「がつがつ」は「積極的」を通り越して、度が過ぎている事を意味している気がします。

ちなみに、世間一般的に皆さんが思っている「がつがつ」と「積極的」の違いに以下の様なものがあります。

積極的⇔がつがつ
心に余裕がある⇔心に余裕がない
お友達から⇔いきなり恋愛モード
一途⇔手当たり次第

どちらにせよ、「がつがつ」と「積極的」の間に境界線はないので、加減が難しい所です。

また、モテない人に「心に余裕を持て」と言うのはなかなか難しい事だと思います。そして、今まで異性に縁がなかった分、より強く求めるのは至極当然の事だと思います。

さらに、相手(異性)との心の距離感の図り方に慣れていないのも、相手に引かれてしまう原因かもしれません。

女性の前で自然体で振る舞える訓練をする

私自身、昔に比べたら「モテ度」は格段に上がりましたが、多分世間一般的に見たら自称「中の下」でしょうか。(昔が低すぎましたので頑張ってこの位置です(笑))

そんな私から言えるアドバイスは2つです。

1つ目は、「欲望に素直になれ(ガツガツでいいじゃないか)」

2つ目は、「セルフコントロールを身に付けろ」

です。

どちらか好きな方を選んでいただいて構いませんし、どちらも選ばず、ご自身で解決策を見つけ出しても良いかもしれません。

「欲望に素直になれ」は、男は元々狩りをする生き物です。手当たり次第(いろんな相手に)行くのは賛成できませんが、気になった一人の女性に絞れば、がつがつ行っても良い結果がでる事もあります。

「セルフコントロールを身に付けろ」は、私が選択した方法です。簡単な事では無いですし、訓練も必要で時間もかかります。

今でも、完璧に自分をコントロールなんて出来ません。

訓練の方法は言ったってシンプルです。まずは、女性のいる環境に行って慣れる事です。そして、その場で出来るだけ平常心を保つことを意識します。

女性の多い職場(アルバイト)をやってもいいですし、友達に頼んでコンパを開いてもらうのも良いでしょう。女子大などの文化際にいったり、女性客が多い店に入るのもいいでしょう。

また、お金は掛かりますが、キャバクラに行って、女性を口説く練習をしても良いかもしれません。また、まだ一度も女性と付き合った事の無い方は、風俗に行って、女性を知る事もありだと思います。

こういった訓練を行えば、意中の女性の前でも、極力平常心を保つことが出来、(ガツガツではなく)積極的に行動出来ると思います。

スポンサードリンク




この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

  • モテたいと強く思う

    モテないと自覚した後は、強くモテたいと思う事です。その思いは、これからの数々の苦難を乗り越えるモチベーションとなってくれ…

  • モテない男だと自覚する

    私は、二十歳過ぎまで彼女がいませんでした。ただ、当時の私は、若さゆえか、とんだ勘違い野郎で、今まで自分に彼女が出来なかっ…

  • モテる習慣を身に付ける

    長々と「なる」事の大切さについて語ってきましたが、最後の章でご説明したいことは一つです。あなたがモテる男になる為の一番確…

  • モテる男へのステップ(軌跡)

    「モテの準備編」では、実際にモテる男に「なる」為の考え方、ノウハウを紹介します。モテる男に「なる」為には、2つの行動、努…

  • 恋愛の心得

    この章では、実際に行動を起こす前に、どのような考え方やモチベーションで恋愛に挑めばいいかを、私の考えに基づいて、簡単に説…