外見・容姿のビハインドを少なくするには?


外見・容姿のビハインドが及ぼす影響

恋愛における外見・容姿の重要度でも記載しましたが、外見・容姿のビハインドが及ぼす影響は、対相手と、自分自身の2つです。

今回、外見・容姿の「コンプレックス」ではなく「ビハインド(劣っている)」と表現したのは、コンプレックスは、あくまで自分自身が感じている事に過ぎず、対相手には関係ないからです。外見にコンプレックスを持っている人の中には、傍から見たら、全然普通な人もいます。

また、自分自身はコンプレックスと思っていなくても、傍から見たら、「可哀想」と思われている人もいます。その為、客観的視点からビハインドと言う表現を使いました。

まず、外見・容姿のビハインドが、自分自身に与える影響ですが、劣等感(コンプレックス)を持ったり、行動に移せなかったり、ネガティブになったりと、基本、良くない事ばかりです。

次に、相手に与える影響は、第一印象で損をしたり、ひどい場合には、避けられたりする場合もあります。これをどうにか出来たら、恋愛にも積極的に行けるのにと思う方も多いと思います。

外見・容姿のビハインドを少なくする方法はあるのか?

本題にはいります。まず、外見・容姿のビハインドが、自分自身に与える影響を少なくするヒントは、当ブログの他の記事に記載しているので、今回は割愛します。

その為、今回テーマでは、相手に与える影響を、どれだけ少なくするかをメインに考えていきます。

まず最初に、女性は外見・容姿にビハインドがある男性を見たとき、どういう気持ちになるのか?どんな反応をするのか?

これを知ることが必要だと思いますが、自分の周りの女友達に、上記の質問を投げかけるのは、かなり勇気がいります。また、質問したとしても、本音で答えてくれるか分かりません。

この時点で、既に迷宮入りの予感が・・・(女性も男性と同じ価値観、思考回路なら、想像も容易に付くのですが)

このままでは前に進めないので、いくつか仮説を立てます。

1つ目は、拒絶する

2つ目は、異性としては見れないが、普通に人として接する

3つ目は、他の人と平等に接する

上記の3つが、すぐに思いつく仮説です。そして、多くはこのどれかに入ると思います。

1番目の「拒絶する」反応を示した女性に対しては、自分自身の外見・容姿を改善するか、女性自身の価値観が変わるしか解決する道はないでしょう。

2番目を飛ばして、3番目に行きたいと思いますが、外見などは気にしないで、平等に接してくれる寛大な女性に当ったら、この出会いを大事にしましょう。そして、その人があなたの好みのタイプなら、自分自身の心のブレーキを解き放って、積極的に行動しましょう。

なぜなら、その人の前では、外見・容姿というビハインドもアドバンテージも無いのですから。その分、それ以外の部分を厳しく見ている場合もありますが。

最も人数が多いと思われるカテゴリの攻略が鍵

最後に、2つ目の「異性としては見れないが、普通に人として接する」女性ですが、私の経験(感覚値)では、この反応をする女性が一番多い様に思います。

このカテゴリの女性に、いかに異性として見てもらえるかが、外見・容姿のビハインドを少なくする鍵だと思います。

そして、このカテゴリの女性の特徴として、こちらから異性としてアプローチすると、一気にブロック(拒絶)される可能性がある事です。

その為、このカテゴリの女性に異性として見てもらえるようになるには、ある程度時間掛け、何度も会い、最終的に人として尊敬されることが必要だと考えています。

時間を掛ける理由としては、「美人」は三日で飽きる、「ブス」は三日で慣れると言う言葉もある様に、外見・容姿のビハインドを少なくする為です。また、何度も会う事により、貴方に対する親しみが沸き、好感や親近感を抱きやすくなります。

ここで1つ疑問があると思います。それは、どうやって何度も会うのか?です。

確かにこれは難しいことですが、共通の知り合いがいれば、その人にお願いするのが一番でしょう。また、出会う場所にも寄りますが、会社や学校は、必然的に何度も顔を合わせますし、意図的に、何度も顔を合わせるような環境に身を置いても良いでしょう。

例えば、習い事やサークルが1つの例です。もしくは、居酒屋や喫茶店などの常連客になれば、必然的に何度も顔を合わせる事が出来ます。

そして、相手女性から人として尊敬されるところまでいけたら、今後恋愛に発展する確率は高くなると思います。もちろん、相手に尊敬されることは、簡単ではありませんし、時間もそれなりに掛かります。

しかも、相手に尊敬されようと思って出来るかと言えば、出来ないかもしれません。だから、普段から意識して、他の人には負けない強みを磨くのです。出来れば、その強みが活きる環境で出会うのが一番ですね。

もし人として尊敬されたら、もう外見・容姿なんて関係ありません。もちろん、必ず恋愛になるかは補償できませんが、尊敬する人から誘われたら、基本、断る理由も無いですし、嫌なはずは無いと思います。

結果的に、「外見・容姿のビハインドは時間を掛けて、総合力で勝負しろ」と言う、ありきたりな答えになってしまいました。

ただ、一番大事なのは、外見・容姿のビハインドを、自分が一番気にしないことです。

スポンサードリンク




この記事を読んだ方はこの記事も読まれています