恋愛における外見・容姿の重要度


外見や容姿が、恋愛にとってどれだけ重要か?

自分が恋愛する時はと考えてみると、やっぱり第一に外見で判断していると思います。自分の外見ストライクゾーンに入っている人の中から、さらに共通の趣味やフィーリング、性格や年齢と言った要素で最終的に選ぶのが今までの恋愛でした。

私の回りの友達も、同じ様な傾向を持っている人が多い様に思います。

上記の事から、相手(女性)も第一に外見で判断しているじゃないかと思うのは、自然な事だと思います。

ただ、ここで1つ疑問があります。

それは、世間のカップルの中には、美男美女のカップル、一般的なカップル以外に、一般男美女や、多くは無いですが、不男美女のカップルも見かけるという事実です。また、美男不女のカップルは、ゼロではないですが、圧倒的に少ない気がします。

上記の事は、感覚値でしかなく、実際に統計を取ったものではありませんが、切り口によって解釈が変わってきます。

1つ目は、不男美女のカップルが成立している事より、女性は男性を外見だけで判断していないと言う希望が持てるポジティブな解釈

2つ目は、美男美女や一般的なバランスの取れたカップルが多くを占めている事より、やはり外見が一定以上のレベルに達していないと、恋愛は難しいというネガティブな解釈

上記以外にも切り口を変えればいろんな解釈が出来ます。どちらが正しいとかではなく、どちらも結果から導き出した結論です。

解釈2をもう少し深く掘り下げてみる

世間的に、外見、容姿が普通以上のカップルが多い事より、恋愛にとって、外見や容姿がかなり重要だという結論についてもう少し掘り下げてみます。

この結論だけを見て、「やっぱり外見・容姿が悪いと恋愛はむずかしい」と落胆するのは、少し早いと思います。

確かに、シンプルに考えれば、「多くの人は、恋愛で外見を重要視している」となります。ただ、外見が良くない人が恋愛出来ない一番の原因は、

「行動を起こさない事」だと思います。

「自分なんてどうせ・・」と言う気持ちがあり、恋愛に臆病になり、結果として積極的に行動できないのです。それにより、外見が悪い人(もしくは悪いと思い込んでいる人)は、恋愛市場に入っていけず、カップルの多くは、外見が一定以上の男女になってしまうのです。

そして、私も昔はそうでした。

恋愛における外見の重要度は?

ここで、この記事のテーマである「恋愛における外見・容姿の重要度」の結論に戻ります。

これまでの記事の内容により、

「恋愛において外見はとっても重要である」

と言う結論を導くことが出来ます。

多くの人は、最初からこの結論になる事は分かっていたことかもしれません。ただ、ここで終わっては、当ブログの使命「外見にコンプレックスを持つ男性のお役に立つ」を果たせるとは思えないので、最後に私の考えを述べて〆たいと思います。

まず、「外見≠顔」ではないと言う事です。詳細は、「外見=顔の作り」ではない!」をご覧ください。そして、外見は、努力で改善出来る事は多くあります。

次に、外見の重要度は、回数を重ねるごとに薄れていくと言う事です。「美人は三日で飽きる」「ブスは三日で慣れる」と言う言葉もあるくらいですから。

その為、コンパや婚活パーティなどの出会いよいも、職場や学校、習い事など、定期的に会える環境で、相手を探す事をお薦めします。

最後に、外見以外で他の人には負けない強みを身に付けることです。

これらの事を参考に、失敗を恐れず恋愛市場に飛び込んでいけば、上手くいかないこともありますが、結果は後から付いてくると思います。

スポンサードリンク




この記事を読んだ方はこの記事も読まれています