恋愛におけるファッションの考え方


最も力を入れるべき部分

ファッション(服装)は、外見を構成する要素の中でも、かなり大きなウェイトを占めています。

しかも、顔の作りと違って、気遣いと、お金さえあれば、好きなように変える事が出来ます。(顔の作りも、大金を掛ければ、変えれなくもないですが。)

その為、自分の外見に自信が無く、良くしたいと思っている方は、まず、ファッションに力を入れる事をお勧めします。

ただ、ファッションは、気を使ってみると分かりますが、とても奥が深く、難しい事が分かります。私がファッションに気を使い始めてから、十数年経ちますが、未だに悩む事が多いです。それでも、いろいろ学んだ事もありますので、それをご紹介したいと思います。

目指すべきファッションは目的よって変わる

当ブログの「オシャレな男性はモテるのか?」でも記載しましたが、ファッションやオシャレには、答えや正解は無く、人それぞれの好み、価値観などで変わります。

また、オシャレをする動機も、人それぞれなので、目的に応じて、目指すべきファッションも変わってきます。

とは言え、オシャレをする動機は、「異性にモテたい」か「自己満足(カッコイイ自分でいたい)」がほとんどだと思います。

その中で、両方同時に満たすことが一番だとは思いますが、「自己満足」のファッションは、今回の記事では語りません。なぜなら、自己満足に関して、他人がとやかく言う事は意味がないからです。

その為、「異性にモテたい」を動機にしている人向けのファッションについて持論を述べたいと思います。

異性にモテたい人の目指すべきファッションとは?

当ブログの「オシャレな男性はモテるのか?」でも1つの解答を示しました。それは、あなたが好意を寄せる女性の好きなファッションをする事です。

その為、その女性のファッションの嗜好をリサーチして、それを取り入れたファッションをする事です。その中に、自分の意志や考えはありません。とにかく気にいられる事を目的にします。

リサーチが間違っていなければ、その女性にある程度好意を持ってもらえるファッションが出来上がるでしょう。(とは言え、リサーチそのものが難しいのですが、ここでは、リサーチの方法を詳しく述べません。ご自身で考えたり、調べて実行してみてください。)

上記で述べた事は、一人の女性に気に入ってもらう為の考え方です。中には、より多くの人に好印象を与えたいと思っているでしょう。また、コンパなどの場面では、事前に相手の好みなど調べようがないですから。

次に、女性を一人に絞らず、多くの女性に好印象を持ってもらうためのファッションについて持論を述べたいと思います。

多くの女性に受けるファッションとは?

さて、この問いに対して私が言える事は、1つだけです。

「清潔感のあるファッション」です。

当ブログの他のページを沢山読んでいる方は、心の中で思ったと思います。「また出たよ。清潔感」と。

やはり、外見を決めるうえで一番大事な事なので、必然的に何度も出てきます。

ただ、このページでは、清潔感のあるファッションについて、詳しく述べる事はしません。インターネットで調べれば、大概の事が書いてありますので。

ファッションの完成度を高める

「ファッションの完成度」とは、第三者から見た、あなたの服装の似合い度とも言い換えられます。要するに、その服装(格好)が似合っているかどうかです。

また、ファッションの完成度は、以下のようにも表せます。

「ファッションの完成度 = 素材(あなた自身) × 服のチョイス × TPO(時と場合と場所)」

服装に気を使い始めた時、簡単にオシャレになる方法は、ファッション雑誌のモデルが着ている服装や、ショップのボディ(マネキン)が着ているコーディネートの中で、気に入った服装をそのまま着る方法です。

その服装は、ファッションの専門家やプロの人がコーディネートした物なので、流行も取り入れているし、配色や素材なども気を使っている為、センスの良いものだと思います。

ただ、よく思うのが、実際に着てみると、「なんか違う」という感覚です。

この理由は、「自分自身のファッションの感覚が音痴になっている」事も考えられます。

もう一つ考えられるのは、「その服装は、あくまでモデルに似合うコーディネートであって、あなたの為のコーディネートでは無い」という事です。

あなたと言う「素材」を活かしきれていないと、どんなにセンスの良いコーディネートも、宝の持ち腐れです。

その為、一番最初は、ショップの店員さんに、「私に似合う服をフルコーディネートして下さい」と言えば良いでしょう。

この時、ショップの店員さんの服装にも注意しましょう。出来れば、あなたが見て、オシャレだなと思った店員さんにアドバイスを求める事をお勧めします。

さらに、追加で注文を付けるなら「清潔感のある」と付け加えると、それを考慮してコーディネートしてくれるでしょう。

これらを繰り返して、試行錯誤していけば、自ずとファッションセンスも磨かれて、いつかは、自分のクローゼットにある服から、その日の気分で自分に似合う服が選べるようになる事でしょう。

多くの人から好意を持たれるファッションに必要なのは、基本的なファッションの知識に加えて、

「自分に似合っていると思う服装と、他人から見たあなたに似合っている服装とのギャップが出来るだけ無い」感覚を持つことだと思います。

最後に、ファッションの究極の目指すところは、「自分の好きな服装」「自分に似合う服装」「人から好かれる服装」のそれぞれの要素の和(合計値)を最大にする事だと、私は思っています。

スポンサードリンク




この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

  • オシャレな男性はモテるのか?

    オシャレな人がモテるって本当? 少し前に、某雑誌のアンケート調査で、男性の第一印象で一番気になるのは、「ファッション(服…

  • コミュニケーション

    理想の女性と出会えたら、積極的にコミュニケーションを図り、仲良くなってください。現在のコミュニケーションの手段は、メール…

  • 恋愛における外見・容姿の重要度

    外見や容姿が、恋愛にとってどれだけ重要か?自分が恋愛する時はと考えてみると、やっぱり第一に外見で判断していると思います。…

  • 恋愛の考え方を変える

    言葉の次は「考え方を変える」です。 考え方は、変えると決めた時から変わりはじめます。 そして、少しずつですが、頭で考えた…

  • カッコよさを身に付ける(前編)

    どういう男になればいいか?という章でも述べましたが、カッコよさとは、女性が男に求める要素の中でも、清潔感、優しさと並び、…